エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 二人暮らし、同棲カップルの光熱費の平均はどれくらい?
 

二人暮らし、同棲カップルの光熱費の平均はどれくらい?

電気代の節約、節電テクニック

二人暮らしや同棲しているカップルの光熱費(電気代・ガス代・上下水道代)の平均額はどれくらいなのでしょうか?また、生活費はどうしているのか、どのように生活費を分担しているのかも、あわせて解説していきます。

同棲して好きな人とずっと一緒にいられるのは嬉しいですよね。ただし、お金のことだけはしっかりと決めておかなければいけません!

既に同棲をしている、これから同棲して二人暮らしになる予定という人に向けて、同棲カップルの光熱費の平均額や、どんなふうに生活費を出しているのかなどをお話ししていきます。

更新日
2021年9月30日
記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均27,542円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2020年1月1日〜13日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。

二人暮らしの光熱費はどれくらいなの?

同棲を始めると光熱費はどれくらいかかるのでしょうか?ほかにもいろいろと気になることはありますが、お金のことはきちんと把握しておきたいですよね。

「二人暮らしになると平均の光熱費はどれくらいなのかな?」という疑問をここで解消していきたいと思います!総務省統計2020年の二人世帯の平均を参考に、二人暮らしの光熱費をみてみましょう。

参照:家計収支編二人以上の世帯|世帯人員別|<用途分類>1世帯あたり1カ月間の収入と支出(2020年)|総務省統計局

二人暮らしの光熱費「電気代の平均」

2020年の二人暮らしの電気代の平均は、ひと月あたり9,515円です。電気代は特に冷暖房を使う夏と冬に高くなるので、春秋にじょうずに節約していきましょう。

二人暮らしの光熱費「ガス代の平均」

2020年の二人暮らしのガス代の平均は、ひと月あたり4,354円です。家庭で使用するガスは主に「都市ガス」と「プロパンガス(LPガス)」の2種類があります。一般的に都市ガスの方が安いといわれています。

二人暮らしの光熱費「上下水道代の平均」

2020年の二人暮らしの上下水道代の平均は、ひと月あたり4,255円です。

電気とガスをセットで切り替えると光熱費が節約できる!

ご家庭の電気・ガス代が、先に紹介した平均額よりも高かったら、節約を心がけてみましょう。

節約につながりやすいのは電力会社・ガス会社の切り替えです。同じ会社の電気・ガスをセットで切り替えると、申し込みが一度で済んで手間も省けるだけでなく、“セット割”の対象になって、更に光熱費を節約できる可能性があります。


二人暮らしの光熱費はどっちが支払っている?

二人暮らしの場合、光熱費はどっちが支払うものなのでしょうか?「結婚では無く同棲中なんだから二人で支払うのでは?」と考える方が多いと思います。調べてみると、さまざまな支払い方があることが分かりましたので、まとめてみました!ぜひ参考にしてみてくださいね。

光熱費は二人で折半の場合が多い

92960689

同棲で二人暮らしをしている場合、光熱費は折半にするほうがお互いに不満が出ずよいという方が多いようです。
ただし中には、「私の方が家事をしているのに!」なんていう方もいますよね。そんなときは話し合いをすることをおすすめします。

条件つきで片方が多く支払うことも

家事をする・炊事をする人のほうが光熱費の支払額が少ないなど、条件付きで片方が多く支払う場合もあるようです。

ついついパートナーに家事をまかせっきりになっている方は、支払額を調整することを検討してみてはいかがでしょうか?

多く稼いでいる方が多く支払う

二人暮らしの光熱費は、多く稼いでいる方が多く支払う場合もあるでしょう。二人の収入の差が大きい場合に、この方法をとっている方が多いようです。

二人暮らしの光熱費を安く済ませる方法ってあるの?

少しでも光熱費を安く済ませたい!と考えるものだと思います。面倒なことはせずに少し意識を変えてみて光熱費を抑えてみませんか?

引越し前に安い電気料金プランをリサーチする

同棲の場合は二人とも働いている場合が多いでしょう。二人が日中仕事で不在にしていることが多いと、朝と夜しか電気やガスなどを使わないので、日中の光熱費が少ない場合があります。

これから同棲をスタートする予定の方は、引越し前に安い電気料金プランを探しておくと、光熱費の節約になります。

電気料金プランと一口にいっても、毎月の電気代に応じてポイントの貯まるプランや、朝と夜の時間帯の電気代が安く設定されているプランなど、さまざま。電気の使い方に合わせて電気料金プランを選べば、電気代を安くできる可能性があります!

エネチェンジでは、毎月の電気代や郵便番号などカンタンな条件を入力するだけで、お住まいのエリア・お引越し先のエリアで選べるお得なプランを探せます。切り替えたらどのくらい安くなるのか節約額の目安もわかります。無料なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

今の住所のままで、電力会社の切り替えを検討中の方はこちら
引越し先で、新しい電力会社を探している方はこちら

少し意識を変えるだけで二人暮らしの光熱費を節約できる!

総務省統計によると同棲で二人暮らしの光熱費のひと月あたりの平均は、電気代が9,515円、ガス代が4,354円、上下水道代が4,255円で合計18,124円です。

光熱費は生活スタイルによっても変わってきますが、平均額を目安にして少し意識を変えるだけでも、大きく節約できます。

例えば、電気料金が高く設定されている時間帯にできるだけ電気を使わない、使っていない電気製品の電源プラグはコンセントから抜く、料理をするときに野菜の下ごしらえに電子レンジを使うようにする、シャワーの時間を短くする、お湯の設定温度を高くしすぎないなど、毎日の暮らしの中で工夫をして節約することが大切です。

エネチェンジで、アナタにピッタリの電気・ガス料金プランを選ぼう!

電気や都市ガス・プロパンガスは自由に選べます!

自分の生活スタイルに見合った電力会社・ガス会社の電気・ガス料金プランを選ぶだけで、今よりも電気・ガス代を安くすることが可能です。でもさまざまなガス会社・ガス料金プランの中から、自分に合ったプランを選ぶのって大変ですよね。そんなときはエネチェンジのサービスをぜひご利用ください。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。