【重要】事業終了・撤退、値上げをする電力会社をお使いの方へ
エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 東京電力EPの従量電灯B・従量電灯Cの違いは?スタンダードSは高い?
 

東京電力EPの従量電灯B・従量電灯Cの違いは?スタンダードSは高い?

でんきの選び方

東京電力EPの一般的な電気料金プラン「従量電灯B」と「従量電灯C」の特徴を徹底解説。「従量電灯B」と「従量電灯C」の違い、料金表の内容、解約違約金の有無など、知っておきたい情報をまとめました。「東京電力EPの従量電灯Bと比較してスタンダードSは安いの?」という疑問も解決できますよ。

本記事では、東京電力エナジーパートナー(以下、東京電力EP)の「従量電灯B」と「従量電灯C」について詳しく解説していきます。「東京電力EPの従量電灯Bと従量電灯Cはどう違うの?」「従量電灯Bより電気代を節約できる電気料金プランはある?」といった疑問は、この記事を読めば解決しますよ。

記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均21,939円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2022年5月1日〜2022年6月12日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。
更新日
2022年4月22日

東京電力EPの「従量電灯B」と「従量電灯C」の違い

「従量電灯B」と「従量電灯C」は東京電力EPの電気料金プランの中で、もっとも一般的な電気料金プラン。「従量電灯B」は一般家庭向けのプランなのに対して、「従量電灯C」は電気を多く使う家庭や商店・事務所向けのプランです。

もし現在契約している電気料金プランが分からない場合は、東京電力EPの会員向けサイト「くらしTEPCO web」から確認してみましょう。

東京電力EPの「従量電灯B」と「従量電灯C」の料金表・特徴

ここでは東京電力EPの「従量電灯B」および「従量電灯C」について、料金表と特徴をご紹介します。

東京電力EP「従量電灯B」の料金表

区分単位東京電力EP「従量電灯B」料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約286円00銭
15A429円00銭
20A572円00銭
30A858円00銭
40A1144円00銭
50A1430円00銭
60A1716円00銭
電力量料金~120kWh1kWh19円88銭
121kWh〜300kWh26円48銭
301kWh〜30円57銭

東京電力EP「従量電灯B」は一般家庭向けの電気料金プラン。使った電気の量に応じて3段階の料金が設定されており、電気を多く使うほど料金単価が高くなります。毎月の電気使用量が少ない、または普通程度の家庭のほか、日中に在宅していることが多い方にもぴったりのプランです。

東京電力EP「従量電灯C」の料金表

区分単位東京電力EP「従量電灯C」料金(消費税率10%)
基本料金1kVA286円00銭
電力量料金~120kWh1kWh19円88銭
121kWh〜300kWh26円48銭
301kWh~30円57銭

東京電力EP「従量電灯C」は契約が6kVA以上のため、電気を多く使う家庭や商店・事務所などに適した電気料金プランです。電力量料金は3段階になっていて、電気を使うほど料金単価が高くなります。

電気代を節約したいなら他社プランも検討!

東京電力EPの「従量電灯B」「従量電灯C」よりも安い設定の電気料金プランを提供している電力会社も少なくありません。電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」では、郵便番号などを入力するだけで節約につながる電気料金プランを見つけられます。お得なキャンペーンを実施している電力会社もあるのでチェックしてみてくださいね。

違いはどこ?東京電力EP「従量電灯B」と「スタンダードS」を徹底比較

ここでは東京電力EPの「従量電灯B」と「スタンダードS」の違いについてご紹介します。

区分単位東京電力EP「スタンダードS」料金(消費税率10%)東京電力EP「従量電灯B」料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約286円00銭286円00銭
15A429円00銭429円00銭
20A572円00銭572円00銭
30A858円00銭858円00銭
40A1144円00銭1144円00銭
50A1430円00銭1430円00銭
60A1716円00銭1716円00銭
電力量料金~120kWh1kWh19円88銭19円88銭
121kWh〜300kWh26円46銭26円48銭
301kWh〜30円57銭30円57銭

東京電力EPの「スタンダードS」は「従量電灯B」と似た料金設定の一般家庭向けのプラン。基本料金は同額ですが、電力量料金が121kWh〜300kWhの区分で安く設定されています。

また、「従量電灯B」と違って「スタンダードS」には2つの特典がつきます。ひとつは、東京電力EPの会員向けサイト「くらしTEPCO web」に月1回ログインするとポイントが貯まる特典。ポイントは「くらしTEPCO web」のキャンペーンやアンケートへの回答でも貯めることができ、貯まったポイントはTポイントやPontaポイント、WAONポイントなどの提携先ポイントに交換が可能です。

もうひとつは、「生活かけつけサービス」が無料で利用できる特典。水回りやカギ、電気設備などのトラブルに24時間365日対応してくれます。90分(電気設備は60分)までの作業・出張費、応急処置に必要な部品代(税込20,000円まで)が無料なのも魅力です。

※電気料金の支払いによるポイントの獲得、ポイントを利用した電気料金支払い、ポイントの自動交換コースは2021年2月28日をもって終了しました。

東京電力EP「従量電灯B」「従量電灯C」より安い設定の電気料金プラン

ここでは東京電力EPの「従量電灯B」よりも安く設定されている、他社の電気料金プランをご紹介します。

「従量電灯B」より安いプラン)東急でんき&ガスのでんきサービス「従量電灯B(30A)」

区分単位東急でんき&ガス「従量電灯B(30A)」料金(消費税率10%)東京電力EP「従量電灯B」料金(消費税率10%)
基本料金30A1契約803円00銭858円00銭
電力量料金~120kWh1kWh19円77銭19円88銭
121kWh~300kWh26円36銭26円48銭
301kWh~29円57銭30円57銭

東急でんき&ガスのでんきサービス「従量電灯B(30A)」は一般家庭向けのプランです。東京電力EPの「従量電灯B」と比較すると、基本料金・電力量料金ともに安く設定されています。

ほかにも東急線の定期券利用で電気代が割引されたり、毎月の電気代をTOKYU CARDで支払うとポイントが貯まるといったメリットがあるため、ふだんから東急グループのサービスを利用している方におすすめ。

「従量電灯C」より安いプラン)コスモでんき「コスモでんきスタンダード(6kVA以上)」

区分単位コスモでんき「コスモでんきスタンダード(6kVA以上)」東京電力エリア料金(消費税率10%)東京電力EP「従量電灯C」料金(消費税率10%)
基本料金1kVA286円00銭286円00銭
電力量料金〜120kWh1kWh19円88銭19円88銭
121kWh〜300kWh26円46銭26円48銭
301kWh〜30円57銭30円57銭

コスモでんきの「コスモでんきスタンダード(6kVA以上)」は、電気を多く使う家庭や商店・事務所向けのプランです。東京電力EPの「従量電灯C」と比較すると基本料金は同額ですが、電力量料金が121kWh~300kWhの区分で割安に設定されています。また、毎月の電気使用量によって電気代が割引されます。

東京電力EP「従量電灯B」「従量電灯C」の契約内容

ここでは東京電力EPの「従量電灯B」「従量電灯C」の契約期間や請求書の確認方法、解約違約金の有無など契約内容についてご紹介します。

解約違約金・解約手数料などについて

契約期間は?
供給開始日から1年間。契約は1年ごとに自動更新です。
契約手数料は?
かかりません。
解約手数料は?
かかりません。
解約違約金は?
かかりません。

支払い方法・請求書について

支払い方法は?
クレジットカード・口座振替・コンビニでのお支払いが可能。スマホのショートメッセージサービスを活用した「SMS選択払い」もあります。
請求書は?
紙の請求書、または東京電力EPの会員向けサイト「くらしTEPCO web」で確認できます。

東京電力EPでは2020年11月より順次、紙の請求書からWebでの確認に変更中です。紙の請求書の継続を希望する場合は、東京電力EPのホームページから申し込みが必要になります。

東京電力EP「従量電灯B」「従量電灯C」以外のプランも要チェック

東京電力エリアにお住まいで、これまで電気料金プランを変更したことがない方の中には、東京電力EPの「従量電灯B」または「従量電灯C」を契約している方も多いはず。電気代を節約したいなら、この機会に電気料金プランを一度見直してみることをおすすめします。

電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」では、郵便番号などの情報を入力するだけであなたにぴったりの電力会社・電気料金プランを見つけることができます。ぜひチェックしてみてくださいね。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。