【重要】事業終了・撤退、値上げをする電力会社をお使いの方へ
エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 中国電力の値上げ・料金改定情報まとめ

中国電力の値上げ・料金改定情報まとめ

電力自由化ニュース

中国電力の値上げ・料金に関する改定情報をまとめています。「最近、中国電力は電気料金の値上げを発表した?」など気になっている方はチェックしてくださいね。中国電力から乗り換え先としておすすめの電力会社も厳選してご紹介しています。

本記事では中国電力の値上げ、料金に関する改定情報についてまとめています。

記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均26,953円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2022年7月1日〜2022年9月25日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。
更新日
2022年10月28日

中国電力の値上げ・料金に関する改定情報

中国電力の値上げ・料金に関する改定情報についてまとめました。

【2022年11月25日】値上げ幅は3割以上。中国電力が規制料金値上げを申請

2022年11月25日、中国電力は規制料金の値上げを経済産業大臣に申請しました。規制料金値上げ幅は平均31.33%で、2023年4月に実施できるように申請したと発表しています。「従量電灯A」を契約していて、月の使用量が260kWhの場合は、2,399円の値上げに。

電力自由化以降に提供を開始した自由料金のプランも、同時期に料金の見直しを行うとのことです。また、一部対象プランで適用されていた口座振替割引が廃止されるなど、供給条件などの見直しも。

【2022年10月28日】中国電力が値上げに向けて準備することを発表

2022年10月28日、中国電力は従量電灯などの規制料金の値上げを予定しており、自由料金も見直しを検討中であることを発表。

規制料金は2023年4月からの値上げを見込んでおり、2022年11月にも経済産業省へ認可申請を行うための準備を進めるとのことです。

【2022年9月13日】中国電力が値上げの検討を発表

2022年9月13日、中国電力は規制料金を含めた、全種類の電気料金プランの値上げを検討することを発表。原因は、火力発電で使用する燃料価格の高騰などとしています。値上げ幅や時期など詳しい発表はしていません。

規制料金の値上げ検討について発表したのは、旧一般電気事業者で中国電力が初めてです。

旧一般電気事業者とは北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力のこと。

中国電力から値上げが発表されたら電力会社の見直しをしましょう

値上げや料金改定は、月々の電気代に影響を及ぼします。中国電力から値上げや料金に関する改定のお知らせがあった際は、電力会社・電気料金プランの見直しをしましょう。

電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」は郵便番号などを入力するだけで、節約につながる電力会社・電気料金プランを見つけられます。お得なキャンペーンを実施している電力会社もあるのでチェックしてみてくださいね。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。