【重要】事業終了・撤退、値上げをする電力会社をお使いの方へ
エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. LEDと蛍光灯の電気代を比較!LEDはどのくらい安い?

LEDと蛍光灯の電気代を比較!LEDはどのくらい安い?

でんきの基本

LED電球やLEDシーリングライトは電気代が安くなると聞きますよね。実際に電気代はどのくらい違うのでしょうか?LEDと蛍光灯の電気代を比較してみました。

蛍光灯の電気代はどのくらいかかるのでしょうか。いまは蛍光灯からLED電球やLEDシーリングライトに移行が進んでいますが、LEDに替えるとどのくらい電気代が安くなるのでしょうか? 

この記事では蛍光灯の電気代を解説するとともにLEDと蛍光灯の電気代を比較しています。LEDへの取り替えを検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

更新日
2021年12月2日

24時間つけっぱなしにした場合の蛍光灯の電気代と賢い使い方

出典:パルック蛍光灯32+40Wクール色 FCL3240ECWXF22K|パナソニック

パナソニックのシーリングライト用蛍光灯(丸管蛍光灯32+40W)を24時間使用した場合、消費電力は以下の通りです。

1時間あたりの消費電力
68W
24時間あたりの消費電力
1,632W

電気代を計算すると、以下の通りです。電気料金は、全国家庭電気製品公正取引協議会「電力料金目安単価」から1kWhあたり31円(税込)として計算しています。

蛍光灯シーリングライトの電気代

1時間あたりの電気代1日(24時間)あたりの電気代1カ月あたりの電気代年間あたりの電気代
2.11円50.59円1,517.76円18,466.08円
1日24時間使用したとして、また1カ月は30日として計算しています。

蛍光灯は点灯の直後にもっとも電気を使うので、オン・オフを繰り返すよりもつけっぱなしのほうが電気代の節約につながります。また、点灯管で点灯させるグロースタータタイプの蛍光灯の場合、こまめに電気を切っていると蛍光灯の寿命が短くなってしまいます。

参照:未来館質問箱|日本科学未来館電気安全に関するQ&A|東京電機管理技術者協会

LEDと蛍光灯の電気代・消費電力を比較

led

LEDシーリングライトと蛍光灯シーリングライトの電気代は、どのくらい違うのでしょうか?
明るさが同等のパナソニックの商品で消費電力を比較すると、以下の通りです。

LEDシーリングライト
1時間あたりの消費電力
42.6W
蛍光灯シーリングライト
1時間あたりの消費電力
68W

LEDシーリングライトは「LEDシーリングライト HH-CG1237A」を、蛍光灯シーリングライトは、丸管パルック蛍光灯「32+40Wクール色FCL3240ECWXF22K」を参考にしています。

蛍光灯シーリングライトと比べると、LEDシーリングライトのほうが約37%消費電力が低いことがわかります。

LEDシーリングライトは蛍光灯よりも電気代が年間約2,000円安い!

LEDシーリングライトと蛍光灯シーリングライトを1日8時間使用する時の電気代を比較すると、以下の通りです。

LEDシーリングライトと蛍光灯シーリングライトの電気代比較

種類1時間あたりの電気代1日(8時間)あたりの電気代1カ月あたりの電気代年間あたりの電気代
LEDシーリングライト1.32円10.56円316.94円
3,856.15円
蛍光灯シーリングライト2.11円16.86円505.92円6,155.36円
1日8時間使用したとして計算しています。

1日8時間使用する場合、LEDシーリングライトの電気代のほうが、年間約2,000円安いです。

電気代以外のLEDと蛍光灯の比較

LED電球やLEDシーリングライトは、値段が高いイメージを持っている方もたくさんいるでしょう。

でもLEDの価格は低下してきており、シーリングライト市場を見ると光源が蛍光灯からLEDにシフトしてきています。パナソニック、東芝、日立のシーリングライトの最新ラインアップを見てみると、すべてLEDシーリングライトになっています。

LEDのほうが蛍光灯よりも寿命が長い

「LEDシーリングライトはランプ交換ができないから、ランプ交換できる蛍光灯シーリングライトのほうがよい」という意見もありますが、ランプの寿命を見るとLEDシーリングライトの寿命は格段に長く交換の頻度が少なく済みます。

LEDと蛍光灯の寿命比較
蛍光灯
13,000時間程度
LED
40,000時間程度

LEDランプの寿命は蛍光灯ランプの3倍以上と長いんです。1日8時間つけていたとしても13年半も寿命が持つ計算ができます。

LEDは電気代が安く、ランプ交換の手間が省けるというメリットがあるんですね。

LEDには調色機能がある

照明器具には、光の明るさを調節する調光機能と、光の色を寒色系の昼白色(白色)~赤みがかった暖色(電球色)までに調節する調色機能の2種類があります。調光と調色の組み合わせによって、書斎で読書をする、リビングで食事をする、寝室でゆっくり過ごすなどさまざまな場面に合わせて快適な空間を作れます。

蛍光灯・LEDともに専用器具を使って調光・調色を行いますが、蛍光灯は調色ができません。

蛍光灯
調光機能……可能
調色機能……不可能
LED
調光機能……可能
調色機能……可能

LEDの発光成分には紫外線がほぼない

LEDの発光成分は紫外線が少ないため、紫外線に集まる習性のある虫が集まりにくいのが特徴です。屋外照明として、スポーツ施設、駐車場、キャンプ場などに最適です。

ただし、赤色・緑色・青色の蛍光体を光らせる方式のLEDは、紫外線が発生します。

参照:LEDは紫外線が出る?|大塚商会

LEDは低赤外線で発熱量が少ない

LEDは電気を直接光に変えるため、蛍光灯に比べて光源自体の発熱量が少ないです。また発光成分に赤外線がほとんど含まれていないため、熱く感じません。熱に弱い美術館の展示品や、衣料品、食品や化粧品のライトアップに適しています。

参照:LED電球も発熱・放熱・発熱量|大塚商会

LED電球やシーリングライトで電気代を節約していこう!

led

電気代が高くて困っている方は、LED電球やLEDシーリングライトをじょうずに取り入れて電気代を節約していきましょう。

ただし蛍光灯をLEDへ取り替える時は、調光タイプには調光器対応のものを、湿気の多い浴室には密閉器具対応のものを選ぶなど、LEDが今の照明機器に使用できるかを確認してくださいね。また仕様が違う場合、照明器具自体を変えるために工事が必要になる場合もあります。取り替え時は、家電販売店や照明器具メーカーなどに相談することをおすすめします。

更に、電気代を節約したい場合は電気料金プランの見直しも大切です。数ある電気料金プランの中から一番安くお得に使えるプランを選ぶだけで、なんと電気代を年間平均15,000円以上節約できるんですよ!

電気代の節約が可能な電気料金プランの見直しは簡単にできる!

電気料金プランを見直して切り替えるだけで、電気代が今よりも大きく節約できる可能があります!
プランの見直しはエネチェンジで簡単にできるんですよ!

[法人のお客様向け]LED照明を比較するなら…

エネチェンジでは、法人のお客様向けに、LED照明導入費用のお見積もりを無料でうけたまわっています。

小規模工場、マンション管理組合、ライブハウス、居酒屋など、蛍光灯からLED照明に切り替えた方々の削減額も紹介しています。こちらのページをぜひご覧ください。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。