エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 北海道電力(ほくでん)の引越しまとめ!電気の手続きがわかる
 

北海道電力(ほくでん)の引越しまとめ!電気の手続きがわかる

引越し

現在北海道電力(ほくでん)を契約している方、これから北海道電力を契約する方に向けて「電気の引越し手続き」方法を紹介します。北海道電力の問い合わせ先や立ち合いについての疑問も解説します。引越しの予定がある方は必見です。

引越しをするときの大事な手続きのひとつに、電気の引越し手続きがあります。これから北海道電力と契約をする予定の方や、現在北海道電力と契約している方向けに、北海道電力(ほくでん)の引越し手続きをまとめました。電気の使用廃止・使用開始手続きや、引越し先での電力会社の選び方などを解説します。

引越し先で初めて北海道電力(ほくでん)を契約する方の手続き方法

現在北海道電力以外の電力会社を契約していて、引越し先で北海道電力を契約したい方の手続き方法は、以下のようになります。

  1. 現在契約している電力会社へ、現在の住所の電気の使用廃止手続きをする
  2. 引越し先で契約する北海道電力へ、電気の使用開始手続きをする

1)現在契約している電力会社へ、電気の使用廃止手続きをする

引越しが決まったら、現在契約している電力会社へ、現在の住所での電気の使用廃止手続きを行います。手続き方法は電力会社により異なりますが、多くの電力会社では公式サイトの引越し専用ページや契約者専用マイページ、もしくは電話で手続きが可能です。

2)引越し先で契約する北海道電力(ほくでん)へ、電気の使用開始手続きをする

次に北海道電力へ、引越し先住所での電気の使用開始手続きを行います。引越し予定日が決まったら早めに申し込みましょう。使用開始の手続きは、北海道電力の公式サイト電話FAXで申し込めます。
オール電化・スマート電化住宅や動力設備・ロードヒーティングを利用する場合は、電話での申し込みとなります。

参照:契約のお手続き|北海道電力(ほくでん)

引越し先が集合住宅で一括受電の場合、北海道電力へ申し込めません!

引越し先がマンションなどの集合住宅で、建物全体が電力会社と一括で契約(高圧一括受電契約)をしている場合は、個別に電力会社を切り替えることができません。あらかじめ新居の管理会社へ確認しておくことをおススメします。

引越し先では北海道電力(ほくでん)を使わず、違う電力会社を契約したい方の手続き方法

現在北海道電力を契約していて、引越し先では違う電力会社を契約したい方の手続き方法は、以下のようになります。

  1. 現在契約している北海道電力へ、現在の住所の電気の使用廃止手続きをする
  2. 引越し先で新しく契約する電力会社へ、電気の使用開始手続きをする

1)現在契約している北海道電力(ほくでん)へ、電気の使用廃止手続きをする

引越しが決まったら現在契約している北海道電力へ、現在の住所での電気の使用廃止手続きを行います。使用廃止の手続きは、北海道電力の公式サイトで申し込めます。

以下の場合は公式サイトでは手続きができないので、電話で申し込みをしましょう。

電話での使用廃止手続きが必要となる場合
  • 供給地点特定番号や北海道電力と契約中の電気料金プランが不明な場合
  • 海外への引越しなどで、使用廃止までの電気料金について支払い方法に関する相談が必要な場合
  • 建物などの解体に伴い、電気設備の撤去が必要な場合
  • 離島供給約款の適用を受ける礼文島・利尻島・天売島・焼尻島・奥尻島にお住まいの場合

参照:契約のお手続き|北海道電力(ほくでん)

北海道電力、解約時に解約手数料・違約金はかかる?

北海道電力の解約時に、解約手数料・違約金はかかりません。

北海道電力、解約後の最後の請求はどうなる?

北海道電力を解約した場合、前回の検針日から最終使用日の前日までの期間の電気代が日割りで計算され、選択した支払い方法によって精算が行われます。引越しをしたあとでも、最後の精算が終わるまでは登録しているクレジットカードや口座を解約しないよう注意しましょう。

クレジットカードの締日と北海道電力の検針日との関係や、その他事務上の都合などによって、当月の請求分がずれて2カ月分まとめて請求されたり請求がない月が発生したりする場合があります。

参照:電気のご契約・お支払い方法の変更|北海道電力(ほくでん)

2)引越し先で新しく契約する電力会社へ、電気の使用開始手続きをする

次に、引越し先で契約する電力会社を探し、契約と電気の使用開始手続きを行います。エネチェンジでは、インターネットで手続きが間に合う電力会社の中からアナタにぴったりな電気料金プランを診断し、そのまま申し込みができます。

 

数ある電力会社の中から、引越し先で契約する電力会社をどう選んだらいいのかわからない、引越しはやらなければならない手続きが多くて大変という方は、エネチェンジをご利用ください。

引越し先でも北海道電力(ほくでん)を契約する方の手続き方法

現在北海道電力を契約していて、引越し先でも引き続き北海道電力を契約したい方の手続き方法は、以下のようになります。

  1. 北海道電力へ、現在の住所の電気の使用廃止手続きと、引越し先住所での電気の使用開始手続きをする

引越し先が北海道電力エリア・東京電力エリア以外の場合は、北海道電力を契約できないので注意しましょう。

1)北海道電力へ現在の住所の電気の使用廃止手続きと、引越し先住所での電気の使用開始手続きをする

引越し先でも北海道電力を契約する場合は、北海道電力の公式サイトから、現在の住所の電気の使用廃止手続きと、引越し先住所での電気の使用開始の手続きを行います。
オール電化・スマート電化住宅や動力設備・ロードヒーティングを利用する場合は、電話での申し込みとなります。

参照:契約のお手続き|北海道電力(ほくでん)

引越し当日の基本的な流れ

次に、引越し当日の基本的な流れを見ていきましょう。

退出時

引越し作業が終わり、現在の住まいから退出するときは、スマートメーターがまだついていない場合はブレーカーを落としましょう。スマートメーターがついている場合は、電力会社の遠隔操作で電気のON/OFFを行うため、事前に使用廃止の手続きが済んでいれば、引越し当日の作業は不要です。

立会いは必要?

北海道電力の電気の使用廃止時、当日の立会いは基本的に必要ありませんが、オートロックのマンションやアパートの場合など、供給設備の状況によっては立会いが必要となることがあります。

転入時

引越し先にスマートメーターがついていない場合は、従来通りにブレーカーを上げることで電気の使用が開始できます。スマートメーターがついている場合は、電力会社の遠隔操作で電気のON/OFFを行うため、契約が済んでいれば引越し当日に自動的に電気を使える状態になっています。

北海道電力(ほくでん)、引越しが決まったら早めに手続きをしましょう!

北海道電力(ほくでん)の引越し手続きをまとめました。

電力自由化前までの引越しでは、引越し時に電気の契約手続きを済ませていなくても、ブレーカーを上げればすぐに電気を使えたので、引越したけど電気がつかないといったトラブルにはなりませんでした。電力自由化に伴って導入されたスマートメーターが設置された物件では、入居当日の時点で新しい住所での電力会社との契約がないと、ブレーカーを上げても電気を使えないことがあります。

引越し日が決まったら早めに手続きを行うようにしましょう。

エネチェンジで電気の引越し手続きがカンタンにできます!

エネチェンジの「引越し先での電気の手続き」では、引越し予定日や新しい住所の郵便番号などを入力するだけで、その日までにインターネット上でおし申込みの手続きが間に合う電力会社の中から電気料金プランを診断できます。

カンタンにお得なプランが選べてそのままお申し込みができるため、忙しい引越し準備の負担を軽減できます。ぜひご利用ください。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。